事業を任せる会社をM&Aの仲介サービスで探す

シェア拡大と新規事業進出

男性

経営課題の解決に役立つ

現代の企業経営において、企業はさまざまな目的を達成するために、積極的に企業買収を活用しています。市場がすでに飽和状態になっており、市場全体の伸びが見込まれない状況で、事業を拡大させるために企業買収を行うという戦略もたびたび行われています。市場で競合関係にあるライバル企業を買収することで、シェアを伸ばし、売上を拡大させることができるためです。シェアと売上高の両方を一気に拡大できるのが、企業買収のメリットの一つです。また、新規事業へ参入するために、企業買収を選択する企業も多くなっています。既存の事業とはまったく異なる分野に進出するときには、莫大な時間と手間がかかるのが一般的です。新しい事業分野では、企業がこれまで積み上げてきたノウハウ等が生かせないことが多く、試行錯誤を繰り返しながら経験を積んでいかなくてはならないためです。しかし、その分野に強い企業を買収してしまえば、運営ノウハウや取引先、人材などをすべて手に入れることができます。欧米の企業では、効率性を重視する傾向が強いため、新しい分野に参入するときには、その分野で実績のある企業買収を行うことが常識となっています。最近では、さまざまな経営上のリスクに備えるため、経営の多角化に熱心な企業も増えています。企業買収は、経営の多角化をする場合にも魅力的な手段です。異分野への進出が容易にできる企業買収を使いこなすことで、いろいろな経営課題に対処することができるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。