事業を任せる会社をM&Aの仲介サービスで探す

金融機関に相談しよう

握手

企業買収にはいろいろな効果を期待することができます。経営をダイナミックに推進していくためには、なくてはならない選択肢の1つとなっています。例えば、新たな事業に参入したものの、実績が計画通りに上がってこなかったり、他社にシェアを奪われじり貧になっているような状況だったりする場合には、同業他社を買収することで、一気に形勢を逆転することができます。大手企業では、この手法はよく使います。ある分野では業界トップであるものの、他の分野で業界の下位にいる場合、上位企業を買収することで、一気にシェアを席巻するというのはしばしばみられるケースです。同業他社を買収するメリットはシェアだけにとどまりません。部品を共通化したり、仕入数を大幅に増やしたりすることで、コスト削減を進めることもでき、利益水準を大きく改善することも可能です。メーカーであれば、工場を集約して稼働率を上げ、生産コストを下げるということも期待できます。最近では、後継者問題も絡んできたため、買収される企業も企業買収に理解を示すようになってきており、M&Aが活発化してきています。企業買収というと大企業が行うものというイメージが強いですが、最近では、地方銀行や信用金庫もM&Aの専門部署を立ち上げる等して、取引先に積極的にアプローチしています。もしも、企業買収に関心があるようであれば、まずは取引のある地方銀行や信用金庫の担当者に相談をしてみるとよいです。