事業を任せる会社をM&Aの仲介サービスで探す

自社の更なる成長のために

婦人

リスクを減らして規模拡大

企業が成長していくにあたって、様々な経営戦略が行われている。その中でも、さらに成長が見込め利益の拡大が期待される分野への新規参入を検討するケースが多く考えられる。また既存事業の更なる成長を期待して、事業拡大の手を打つ企業もある。そのような場合に、一から自社だけでスタートさせると、多大な時間とコストがかかる。さらに新規参入の場合などは、そのノウハウがないことが多く、成果が最大化できないというリスクもある。それらを解決するために企業が取る手段として、「企業買収」が挙げられる。企業買収には様々なメリットがある。1つめは、事業の多角化に伴うシナジー効果である。全くの異業種に新規参入するといえども、既存事業と何の関わりも持てないようなところに企業買収を仕掛けることは少ない。自社の強みを生かしながら、新たな事業にもプラスになる戦略を構築することが、他社との差別化に繋がる。そして利益を最大化させるという戦略を描けることが出来るのだ。2つめは、販路の拡大などに代表される新たな地域への新規参入である。例えば関西地域に強みのある企業が、関東や東北地域に強い企業を取り込むことで、事業規模をより拡大できるということだ。これの更なるメリットは、仕入れも一括で行うことによる調達コストの低減化である。さらには重複する店舗の統合など経営のスリムかも図れる。これにより、利益を最大化させるのである。そして3つめは、時間の短縮・コストの低減・リスクの回避である。前述したように新規参入や事業拡大には大きな時間やコストがかかり、そのため成果に対するリスクも大きい。企業買収は既存のものを生かすため、短時間・小資金でスタートできる。そのため、リスクも回避できるのだ。企業買収を効果的に行うことで、自社の更なる成長に繋げられる。経営戦略の重要な部分である。