事業を任せる会社をM&Aの仲介サービスで探す

自社の更なる成長のために

企業がさらに成長していくためには、新規参入や事業拡大をする必要がある。一からスタートさせると、時間やコストが多くかかり、その分リスクを背負うことになる。企業買収は、効率的に経営資源を入手できることがメリットであり、経営戦略の重要なポイントである。

金融機関に相談しよう

握手

企業買収をすることでシェアを拡大できるだけでなく、利益も大幅に改善することが可能です。最近では、後継者問題も絡み、信用金庫や地方銀行が専門部署を立ち上げて、積極的に中小零細企業にM&Aの話をするようになってきています。

シェア拡大と新規事業進出

男性

戦略的に企業買収を行うことで、企業はさまざまなメリットを享受できます。市場が飽和状態の状況で、より一層の売上増を目指すときには、競合している企業を買収すると、一気に売上とシェアの拡大が見込めます。また、新規事業に参入する場合にも企業買収は有効な戦略です。

事業を継承する

背広の人

後継者問題

会社の経営者が高齢になると、引退を考えないといけない時が必ずきます。後継者がいない場合に、廃業される会社もあります。ですが、後継者に会社の経営を引き継いでもらう事業承継で、会社を存続させることも可能です。事業承継の方法としては、経営者の親族や、従業員に承継する場合や、M&Aという方法で信頼できる会社に承継する方法があります。親族や従業員に会社を引き継いで欲しいと、経営者の方が思っていても、親族に引き継ぐ意志がなかったり、後継者を育てるには年数をかけて教育しないといけないこともあります。そこで、M&Aの仲介会社へ、事業承継を依頼される経営者の方は増えています。M&Aの仲介サービスを利用して、信頼できる会社を見つけることができれば、会社の事業の継続が可能です。場合によっては会社がますます成長して、売上げがアップするかもしれません。経営者の方は、今まで働いてきた従業員がどうなるのかを心配されることもありますが、今までの雇用条件が確保されるケースは多いです。そして、社会的に信頼のある会社に承継してもらえば、経営者保証を引き継ぐことが可能で、債務に悩まされることはありません。また、M&Aの仲介サービスで会社譲渡することで、株式譲渡対価を受けることができ、経営者の資金を確保することができます。会社譲渡後の経営者の方は、引退してセカンドライフを楽しまれている方もいますし、責任のある役職から退き、顧問などの従業員として働いている方もいます。M&Aで譲受会社を仲介してもらうことで、会社だけでなく自身の新たな道が切り開けるでしょう。